ファンダメンタルズ

目されたアメリカ雇用統計とドル展望

注目されていたアメリカの雇用統計が発表されました。

アメリカの雇用統計はFRBの政策決定に大きな影響力を持つ経済指標です。

市場としてもこの指標に対する期待は高まっていました。

今回はアメリカの雇用統計と今後のドル展望にフォーカスしていきます。

雇用回復が目立つ結果

アメリカの雇用統計では、非農業部門雇用者数は、94.3万人増と100万人増には届かなかったものの予想を上回り、失業率は5.4%まで低下しました。非常に強い内容だと言えます。

特に失業率が低下していることは心強いもので、失業率の低下は経済の健全性を担保するものであり、とても良い傾向と言えます。

FRBにとっては心強い内容であり、出口戦略への自信を深める内容です。

市場ではこの雇用統計の結果を受けて、「9月FOMCで資産購入ペース縮小開始の可能性をアナウンスし、年末か来年初の開始」というシナリオが浮上しています。

またこれを発表するタイミングとしては8月後半のジャクソンホールで開かれるFRBの年次経済シンポジウムという予想も浮上しています。

ドル相場としては本格的に出口戦略を織り込んでいく相場環境となっていきそうです。

アメリカの経済状態が浮上の兆しを見せていることでドルが買われるという傾向が一般的には考えられます。

セオリー通りにドル円は110円台を回復するなど堅調です。

今回の雇用統計を受けてアメリカ経済の浮上というものに市場は自信を深めています。

まとめ

今回のアメリカの雇用統計は非常に強い内容と言えるものでした。

これによってアメリカの経済状態の堅調さが改めて示せたと言えます。

FRBの出口戦略へのかじ取りも確定的と考えられそうです。

トレーダーとしてはアメリカの経済状態が良いということで市場の期待は高まっているという状況をしっかりと認識するべき局面です。

期待が高すぎるゆえの失望売りという一時的な反応もあるということは認識してトレードしていきたい場面です。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!