ファンダメンタルズ

注目集まるFOMC

為替市場や世界経済を動かす大国として、やはりアメリカの動向チェックは欠かせません。

今後のアメリカの金融政策を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。

今回はFOMCの注目ポイントと為替の動向にフォーカスしていきます。

テーマはどこまで政策継続か?

アメリカを含む世界各国は新型コロナウイルスの感染拡大対応のために、金融緩和政策を取ってきました。

その甲斐もあって、アフターコロナの経済回復を期待できる経済環境になってきました。

そこで注目されるのが現在の景気刺激策がどこまで継続され、どのタイミングで出口戦略を行うかです。

これは一般にテーパリングとも呼ばれています。

アメリカでは雇用統計の厳しい数字がテーパリング開始論の後退要員となっており、市場では現在の金融緩和政策の継続が予想されています。

しかしながら金融緩和政策では市場に流れるお金の量が増加するため貨幣価値が低下するインフレを引き起こしやすい環境と言えます。

つまりは雇用状態としては非農業部門雇用者数が2か月連続で事前予想を下回る弱い内容、一方でインフレということで金利引きあげも考えなければならないという状況にあるのです。

FRBは全体的に雇用問題を重視するハト派な姿勢を維持しており、声明やパウエルFRB議長の会見も注目されます。

ドル円相場としてはじりじりとドルが買われる状況が続いています。これには日本の緊急事態宣言の影響もありそうです。

まとめ

アメリカの雇用統計が弱い数字となったことによって、「まだまだ金融緩和政策が必要だ」という見方が強まっています。

アメリカの雇用に関してはバイデン政権の手厚い支援策がかえって労働意欲を失わせているという意見も強まっています。

FRBとしては雇用状態の回復が鈍い以上、現在の政策を継続させるというのが基本スタンスだと思われます。

トレーダーとしては、パウエル議長の声明には注目したいところです。

現在の為替動向に影響はないかもしれませんが、今後を占う意味としては重要です。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!