ファンダメンタルズ

予想外のタカ派のFOMC

アメリカの今後の金融政策を決定するFOMCが開催されました。

市場全体を通して注目が集まっていたのですが、予想外の強気な内容となりました。

今回はそんなFOMCの結果と為替相場にフォーカスしていきます。

アメリカのテーパリング

市場ではアメリカのテーパリング観測はされていたものの、直近の予想よりは弱い雇用統計などを勘案して今回のFOMCではテーパリングについてはまだまだ先という認識がありました。

しかし今回のFOMCでは事実上のゼロ金利政策を2023年中に解除する見通しを示し市場を驚かせました。

これまでパウエル議長を含め、現状の金融緩和政策を継続したいハト派の発言が目立っていただけに意外な結果です。

この決断の根拠となったのは、アメリカの消費動向かなと個人的には考えます。

アメリカでは手厚いコロナ給付金の成果もあり、家計の備蓄は増えておりそれらのお金が今後消費に回されることは確実です。

そうなればこれまでFRBが考えていた以上にインフレが進行する可能性もあり、それを抑え込むために金融正常化を早める決断のしたのではないかと思われます。

FRBは少なくともアメリカの経済先行きにかなりの自信を持っていることが証明される形となりました。

為替相場としては強気のFRBを評価してのドル買いが目立っています。

ドル円相場では110円半ばから後半を狙う動きも出てきており、ドルの強さが際立っています。

まとめ

アメリカがテーパリングについて具体的な目標を掲げたのは市場に良い意味でショックを与えています。

今後各国の中央銀行がこの流れに追従する可能性は高く、いよいよアフターコロナが始まってきた印象です。

トレーダーとしてはドルが強いということしっかり認識してトレードすべき局面で、日本円に関しては一人負け、という展開も考慮すべきです。

アメリカに関しては今後の出口戦略をどのように発表していくのかという点でも注目がさらに集まって行きそうです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!