FX

FXのシグナルツールについて

「シグナル」という言葉はFXだけでなく相場の世界でよく使われる言葉になりました。

例えばチャートで「3本続けて陰線であり、3本目が一番長い下ヒゲを付けたときには次に陽線がでる」みたいなものです。

シグナルツールはこういった条件を設定しておけば、自動的にこういったチャートとなった時に自動的に知らせてくれるという非常に便利なものです。

今回は「シグナルツール」ついて解説していきます。

チャートに張り付く時間を短縮できるシグナルチャート

シグナルツールを導入する最大のメリットはチャートに張り付く時間を短縮することが出来ることです。

FXトレードでもトレーダーとして参加している人の多くは、兼業トレーダーでありずっとチャートを観察できる人は少ないのが実情です。

チャートに張り付いていなくても指定した条件が来ればサインが鳴る仕様にすることができるため、他のことをしている間でもインジケーターがサインを知らせてくれます。

そのため自分が狙った形のみでエントリーすることも可能です。

FXトレード中で戦略を練ることは非常に重要です。

ロジックを練ってバックテストを行い、再現性を確認して大切なお金を投じるというスパイラルを繰り返すことでトレーダーとして限りなく勝ち組に近づくことが出来ます。

またシグナルツール複数の要素を組み込むことが可能です。

例えば「オシレーターインジケーターの値」と「ローソク足の形」の2つの要素でシグナルツールを組むことも可能です。

人間の管理ではどうしても2つ3つと要素が増えるたびに、処理能力の限界がやってきます。

シグナルツールを使う事でこれらを自動的に判断して、知らせてくれるため人間は、そのタイミングでエントリーするか否かを判断するだけの状態になるのです。

シグナルツールのロジックが的確であれば、これによって自動的に儲けることも可能になってきます。

シグナルツールは忙しい兼業トレーダーには非常に魅力的なツールだと思います。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!