ファンダメンタルズ

リスク要因が高まる南アフリカ

南アフリカではさまざまなリスク要因が顕在化しています。

南アフリカは慢性的に失業率も高く、財政としてもかなりの赤字を抱えており厳しい状況に置かれています。

国民感情としても現政権に対する不満が高く政情不安も抱えています。

今回はそんな南アフリカにフォーカスしていきます。

暴動の激化

南アフリカでは新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウンの延長など厳しい状況が続いていました。

ロックダウン措置の延長による経済の悪化に伴う、失業率の上昇、その結果国民の不満が高まり暴動へと発展してしまいました。

当初はズマ前大統領の支持者によるデモでしたが、失業率が32.5%という高止まりによって若年層を中心にデモの参加者が増加し暴動へ発展しました。

この影響により、日本のトヨタの向上が営業停止に追い込まれるなど影響は広まりそうな気配です。

現政権に対する国民の不満は高く、たとえこの暴動が治まったとしても再発懸念は非常に高いです。

ウイルス感染が拡大するなか、ワクチン普及の遅れも目立ちなかなかポジティブな要素が見当たらなくなってきました。

金融政策としては現在の政策を維持するとみられていますが、海外からの投資を呼び込むために利上げに踏み切る可能性もあります。

国内の経済事情は非常に良くないですが、海外からの資本投入に頼るという局面もありそうです。

ランド円の相場としては売り圧力が強い展開が続いています。

じわじわと下落しており、買い要素も少ないため売り場を探す展開となりそうです。

まとめ

南アフリカでは政情不安というリスク要因が重くのしかかります。

とにかく失業率が高く、経済としては機能停止の一歩手前といった印象です。

トレーダーとしては非常にリスキーな通貨と言わざる得ない状況になってきました。

トレードとしては売り目線で売り場を探す展開となり、上手いタイミングで売りに入りたいところですが、リスクは非常に高いです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!