ファンダメンタルズ

オーストラリアのロックダウン延長

日本では東京で新規の新型コロナ感染者が1000人を超えるなど感染拡大が続いています。

東京オリンピックが開催されるなかで感染拡大が続いており心配されるところです。

オーストラリアではビクトリア州知事がロックダウンの延長というニュースが飛び込んできました。

今回はオーストラリアの経済状態と感染拡大にフォーカスしていきます。

オーストラリアの感染状況

オーストラリアにおける感染状況は深刻になりつつあります。

ニューサウスウェールズ州シドニーとノーザン・テリトリーのダーウィンはロックダウンに入り、4つの州で規制が敷かれています。

最も深刻な状況に見舞われているのはシドニーで、住民約500万人に自宅待機命令が出されています。

新型コロナウイルスのデルタ株の感染者も増加しており、感染拡大懸念が大きくなっています。

経済的にも下振れ予想の声が大きくなってきており、利上げ再開時期の後ズレを予想する金融機関のレポートも出ています。

ただオーストラリア政府は2021年後半まで、ファイザー製とモデルナ製ワクチンの適切な供給が可能との見方を示しています。

もしその通りになれば11月下旬までに2回のワクチン接種を行った国民が60%に達する見込みであり、非常に高い水準に達することになります。

この水準まで行けば、市場としても安心材料として捉えられると思います。

現状では新型コロナウイルスの感染拡大によってオーストラリア経済が心配される状態となり、利上げの判断も後ろズレになる可能性が高く、相場としても上値が重い展開となっています。

まとめ

オーストラリアの感染拡大によるロックダウンの処置は新型コロナウイルスの脅威を再認識させる結果となっています。

日本でも感染拡大になってきており先行きが心配されます。

トレーダーとしては、コロナワクチンの接種率が高い国の評価が相対的に高まる可能性は考えておかなければならない局面だと思います。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!