ファンダメンタルズ

オーストラリアの失業率と金融政策

経済の状態を指し示すものとして失業率があります。

これは単純に職を失った人の割合を言いますが、この割合が高くなってくると経済状態が悪い状態とされます。

今回はオーストラリアの失業率と経済政策についてフォーカスしていきます。

オーストラリアの失業率

どこの国のでもそうですが、雇用状態、特に失業率の推移は非常に重要なデータです。

オーストラリアにおける失業率の推移は1月の6.4%から、5.8%、5.6%、5.5%、5.1%と月を追うごとに低下しています。

新規雇用者数も常勤を中心に増加するなど内容も良好です。

これに加えて賃金も上昇していけば、オーストラリア経済の状態としてはかなり良い状態と言えると思います。

もしそうなれば、金融正常化ということも選択肢の一つに入ってくると考えられます。

オーストラリア準備銀行(RBA)理事会では、政策金利・3年債利回りの目標水準を据え置きという結果になりました。

このことは経済回復を加速させたい思惑があると考えられます。

ここまでRBAとしては終始ハト派の印象を受けます。

雇用状態などを考えればもう少し、金融正常化の方に舵を切ってもおかしくないとされます。

ここまで金融緩和にこだわるのは中国リスクを懸念しているものとされます。

オーストラリア経済と中国の関係性は非常に深いものがあります。

しかしオーストラリアと中国の関係はかなり冷え込んでおり、両者とも制裁の応酬になりつつあります。

これによってオーストラリア経済がダメージを受けると事は避けられません。

そのため少しでも経済状態を良くしてから金融正常化に踏み込みたいという思惑があると考えられます。

まとめ

オーストラリア経済としてはかなりの回復傾向が見受けられます。

市場の注目としてはやはり金融正常化にどのタイミングで踏み込むかということです。

トレーダーとしては、中国という存在を意識しつつオーストラリアを見るということが重要だと思います。

様々なシナリオを想定したいところです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!