FX

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの使い方と特徴

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されており、移動平均を表す線とその上下に値動きの幅を示す線を加えた指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標です。

ボリンジャーとは、開発者である米国人投資家のジョン・ボリンジャーの名を冠したものですが、現在も世界中で講演をするなど、ボリンジャーバンドの人気は高まっています。

視覚的にわかりやすい指標であり、統計学的な裏付けもあります。

ボリンジャーバンドは5つのラインで構成されており、それぞれアッパーバンド2(+2σのライン)、アッパーバンド1(+1σのライン)、ミッドバンド(移動平均線)、ロワーバンド1(-1σのライン)、ロワーバンド2(-2σのライン)となります。

標準偏差を用いるため一般的には「+2σのラインで抵抗してる」などの言われ方をします。

見方としては相場が膠着するレンジ相場においてバンド幅が狭まる傾向があり、価格変動の大きな相場ではバンドが開いていきます。

そのため、バンド幅狭くなると、そろそろ大きな相場変動があるといった予想も立てられる訳です。

このことを利用すればバンドの幅が小さくなって、ボリンジャーバンド幅を超える価格を付けた時には、その方向へのトレンド形成の起点となるという考え方も出来ます。

平均値への回帰を前提とした逆張り戦略が良く用いられます。

ボリンジャーバンドの2σの間に収まる確率は約95%であるため、それよりも越えた価格帯を付けた時には、そこから移動平均線方向へ回帰するはずという考え方です。

つまりそこで「逆に張る」という戦略が成り立つのです。

ボリンジャーバンドは、統計学的な裏付けもあり、考え方もシンプルであるため非常に人気がある指標の一つです。

確率を計算できるという点は革新的な指標と言えると思います。

視覚的にわかりやすい指標であることも人気の要因の一つです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!