FX

デイトレードとは?

FXのトレード手法には「デイトレード」と呼ばれるトレード手法があります。

「デイトレード」はFXに限った話ではなく、株式市場のトレードでも同じように「デイトレード」という言葉を使います。

今回はデイトレードについて解説していきます。

デイトレード手法

デイトレードとはポジションを持つとその日のうちに決済するというトレードスタイルです。

そのためポジションを持つ期間は数時間から1日までの短い時間の保有にとどめます。

その日のうちにポジションを決済するため、ポジションが気になって眠れないといったストレスがないというメリットがあります。

考え方としてはスキャルピングに近いものがあり、小さな利益をコツコツと積み重ねていくということが基本戦略となります。

デイトレードのメリットとしては、まずは「スキャルピングほどチャートを見続ける必要がない」ということがあります。

1日のうちでポジション決済まで持ち込むので、朝や仕事後など空いている時間に戦略を立てて事前に注文を入れておくことも可能になります。

そのためサラリーマンなどの他の仕事を持つトレーダーにも対応できるトレード方法です。

2つ目に「スワップポイントを気にする必要がない」ということです。

スワップポイントを想定しながら取引戦略を考えると、どうしても売り注文に躊躇してしまいがちになります。

しかしデイトレードであれば、日を跨いで取引を継続することがありませんのでスワップポイントを気にすることなく、売りから入るというトレード戦略も取りやすくなります。

デイトレードではとにかく相場がどの方向に向かっていくかを予想することが重要になります。

そのため基本的にはトレンドについていくということが基本シナリオです。

よって「よくわからない」相場の時にはトレードに参加しないという判断も重要になってきます。

特に初心者の方は、損切りラインを決めておくことをお勧めします。

相場は残念ながら思惑と逆の方向に動くことも少なくありません。

その時にどれだけ損失を抑えられるかということは非常に重要なことです。

人の心理として「持ち続けていればプラスになるかもしれない」と希望的に考えがちです。

ですがそういったトレードは基本的にうまくいきません。

潔く負けを認めることも必要です。そのため損切りラインで損切るということが大切です。

リスクリワードを考え根拠を増やしてエントリーしていく事で無駄な負けを減らし書率を上げる事が出来るようになります。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!