ファンダメンタルズ

ヨーロッパで再び意識されつつある感染拡大

新型コロナウイルス感染拡大から経済の立て直しが急務の各国ですが、再び新型コロナウイルス感染拡大が懸念される事態となっています。

特にヨーロッパ地方は深刻な状況になりつつあり、どこまで政府が支えられるかという点に焦点が当たっています。

スペインは再び緊急事態宣へ

ヨーロッパ地方でも有力国であるフランスやイギリスでは感染拡大が続いています。

スペインでは再びの緊急事態宣言となりました。

ドイツのメルケル首相の声明では、「ヨーロッパのほぼ全域で感染が再拡大しているのを見て、懸念を深めている。

過去数カ月間にわたる行動規制の成果を台なしにするわけにはいかない」と話しており、ヨーロッパ全土のコロナウイルスに対する不安感を如実に表しています。

ドイツは第1波をうまく乗り切っただけに、今回の第2波でとくに自信を喪失させられている格好です。

結局のところ感染症対策としては厳しい都市封鎖(ロックダウン)措置を取るほかなく、そうなると経済面でのダメージは大きくなってしまいます。

財政面では巨額のユーロ基金を設立して、対応してきたEUですが今後の感染状況拡大次第では更なる財政出動を望む声も出てきそうです。

為替相場として注目していきたいのはユーロ円相場です。

幸いなことに日本の感染状態は落ち着いており、新型コロナウイルス感染拡大がリスク要因として強く認識されればユーロが売られ、円が買われるというシナリオも想像できます。

まとめ

新型コロナウイルス感染拡大に対してEUはこれまでにはないほどの団結力を市場にアピールしてきました。

しかしながら感染拡大が続けば、経済へのダメージは大きくなるばかりです。

結局のところ新型コロナウイルス感染拡大に対しては対症療法や感染防止の策しか確立されてないため、リスク要因としての存在感は非常に大きいです。

個人投資家としては感染状況を見極め、感染が少ない地域の通貨が買われるというシナリオを十分にケアしておく必要があると思います。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!