FX

人民元相場の特徴~後編~

世界の一大通貨になりつつある人民元

オフショア市場は急速に発展しFXの世界での市場はオフショア市場ということになります。

中国は、中国共産党による一党支配のなか、経済面では安定した経済成長を遂げています。

2010年に国内総生産(GDP)で日本を抜き、以降は世界第2位の経済大国と成りました。

そのため中国が発行する人民元も注目度が高いというわけです。

ただ成長戦略については近年は持続可能な緩やかな成長が目標なってきています。

これには中国バブルと言われた状況に対する中国当局の危機感があると思います。

中国は中国共産党による独裁体制で、経済指標などの信憑性は疑問視されているところがあります。

これは同じような政体であったソビエト連邦の歴史を考えれば同様のことが言えると思います。

そのため市場では中国当局が発表する経済指標に対する信用性が問題となっています。

とは言え中国も国際ルールに沿った運営が必要となってきており、最終的には市場に任せた通貨運営となる見通しです。

そうなった場合中国経済の実力から、人民元は高くなるだろうと言われています。通貨のセオリーとして、経済力が高い国の通貨はその分信用性が増すため人気になり高くなるというものです。

人民元の相場観としてはやはりアメリカと中国の関係性がカギとなってきそうです。

世界トップの地位をアメリカは中国に奪われつつあり、その警戒感は顕著です。

それだけにアメリカは中国に対して厳しい政策や政治的な圧力をかけることは必至です。

とくにアメリカがトランプ政権時には、厳しい政策が目立ちました。

トレーダーとしてはこの点には十分注意を払わなければならない状況だと思います。

もう一つのリスクとしては中国の政治体制です。

習近平国家主席の独裁体制に近い状態にあり、とんがった政策が実行される可能性があるということです。

国家がコントロールするというのが基本方針であるため、今後はどのようにして中国をコントロールしていくのか、この辺りは人民元に手を出す場合は考えなければなりません。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!