FX

MAMとは?PAMMとは?仕組みやルール

「MAM(マム)やPAMM(パム)」という言葉は海外FXならではのサービスです。

今回はなかなか日本人にはなじみの薄い「MAM(マム)やPAMM(パム)」を解説していきます。

MAM(マム)やPAMM(パム)とは?

国内FXにはMAMやPAMMという形式は存在せず、海外FX業者のみのサービスとなりますがトレーダーとして知っておけば便利なサービスであることには間違いありません。

MAMやとPAMMは「マネージドアカウント」と呼ばれる運用手法のことです。

マネージドアカウントというのは、自分のFX口座に資金を投入して、他のトレーダーに運用をしてもらうことです。

方法としては自分の口座とほかのトレーダーの口座を紐づけして、そのトレーダーの注文と自動でリンクするというようなものです。

よく勘違いされるのですが、自分の口座の資金を依頼先のトレーダーに出資する訳ではないので資金を持ち逃げされるということはありません。

ロックされる期間がある業者もありますが、出金も自身のタイミングで出金可能です。

MAMとPAMMはどちらも「マネージドアカウント」ですが、違いとすれば「取引履歴を閲覧できるか否か」です。

MAMは取引履歴を見ることができる「マネージドアカウント」です。

そのため、そのトレーダーの取引中のポジションや取引履歴を見ることが可能です。

一方PAMMは取引履歴を見ることができず、増減だけを見ることができ、レーダーの運用を一切見ることができません。

そのためトレード手法がブラックボックス化してしまうと懸念はあります。 MAMやPAMM では、利確・損切りなどの判断も紐づけされたトレーダーが行うことになります。

利益の配分は、報酬比率は運用元により違いますが、成功報酬型となることが多いです。

運用するトレーダー自身も勝ち続けなければ利益が発生しませんので高いモチベーションを持ってトレードを行うことになります。

そのため投資家側から見ても、トレーダー側から見てもWin-Winになりやすいという特徴を持っています。

自身のポートフォリオの一部として組み込むのはアリかもしれません。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!