ファンダメンタルズ

RBAは政策金利を引き下げ

RBA(オーストラリア準備銀行)は政策金利を0.1%に利下げすると発表しました。

新型コロナウイルス流行の影響で深刻な景気後退に陥った経済の回復を支援するための利下げであり、量的緩和でもあります。

為替相場にはダイレクトに影響してきそうなニュースです。

オーストラリアも量的緩和政策へ

RBAは政策金利のオフィシャルキャッシュレートは、市場の予想通り0.25%から0.10%に引き下げると発表しました。

インフレ率が2─3%の目標範囲内で持続的に推移すると確信するまでキャッシュレートを変更しないとしています。

また3年債利回り目標もオフィシャルキャッシュレートに合わせて0.1%に引き下さげると発表しました。また国債の買い入れも発表しました。

今後6カ月間、対象に期間が約5年から10年の国債を加え、1000億豪ドル(704億米ドル)規模を買い入れるとしました。

オーストラリアは新型コロナウイルスの影響で経済は30年ぶりにリセッションに陥り、雇用情勢は急激に悪化しています。

特に失業率はコロナ前には5%付近だった失業率は7%近くにあり、さらに実態にはもっと高いのではないかという指摘もあります。

また国内の移動や出入国は今も制限されており、企業投資や個人消費は依然低迷しています。

為替相場としてはRBAの声明発表後はオーストラリアドルが期待感から買われる展開となっています。

市場の期待にはしっかりRBAが応えた印象で素直に評価されています。

まとめ

オーストラリア経済は新型コロナウイルスからの回復という点では出遅れており、さらに蜜月関係だった中国との関係もこじれています。

そのため今回RBAが緩和政策に出たのは素直に評価できますが、これによってオーストラリア経済が思惑通りに上向くのか注目です。

個人投資家としては現状は期待感でオーストラリアドルが買われている印象で、一過的な流れと見るべきです。

冷静に相場の推移を見守りたい局面です。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!