ファンダメンタルズ

ついに始まるアメリカ大統領選挙

ついに始まるアメリカ大統領選挙です。

今年最大のビックイベントと言えます。

現在優勢が伝えられている「民主党のバイデン候補」と追い上げも伝えられる「共和党の現職大統領トランプ候補」の戦いです。

ただ今年の選挙は過去の大統領選挙とは少し変わった決着になるのではないかと言われています。

その影響がどう為替相場に影響を与えるのか考察していきます。

泥沼決着か???アメリカ大統領選挙

今回の大統領選挙の決着としては両候補とも勝利宣言を行い、最終的に法廷闘争にもつれ込むという見方が広まっています。

これは簡単に言えばトランプ陣営が選挙戦での負けを認めずに法廷闘争に持ち込むという事です。

そうなってくる簡単には次期アメリカ大統領が決着しないという事になります。

アメリカ国内としても次期アメリカ大統領が決まらないとなると、国内始まっている対立が広まっている、「アメリカの分断」がさらに深刻化するということが必死です。

ただこれは市場関係者が誰も望む結果とは言えません。現状の為替相場としては「大統領選挙を目の前にして、様子見」という状況になっています。

市場の予想としても「どっちに転ぶかわからない」という事です。

ただアメリカ大統領選挙の決着いかんでは、「アメリカドルからの資金退避」の動きも見られるかもしれません。

つまりはアメリカドル安、円高の流れです。この流れには十分ケアする必要があると思います。

まとめ

今年最大のビックイベントのアメリカ大統領選挙は後味の悪い決着になってしまう可能性が高くなっています。

特にトランプ大統領はそういった手段を行使することに躊躇が無いように思われます。

そうなってくると為替相場だけでなく、金融相場の混乱は必至です。

また政治的な空白が出来ることによって新型コロナウイルスの感染拡大などの対応が遅れるというデメリットが出てくる恐れもあります。

個人投資家としてはとにかく慎重に様子見することが重要です。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!