ファンダメンタルズ

アメリカ新規失業保険申請件数はコロナ以降減少

前週のアメリカ新規失業保険申請件数は118.6万件と事前予想140万件を大幅に下回る結果となりました。

アメリカ経済の動きは経済のすべてにかかわる事項だけに注目度が高いです。

ドルが支配する市場であるため、アメリカドルペアでない為替市場にも影響が出てきています。

この結果からどういった為替相場になっていくのか考察していきます。

市場全体としてはリスク選好へ

前週のアメリカ新規失業保険申請件数が減少したことで、雇用統計にも良い影響を与えるという考え方が広まり、アメリカ経済は着実な回復を見せているという見方が広まってきています。

そのためリスク選好でドル円の動きではドルが買い戻されるという動きも出てきています。ようやく改善の動きがみられたことで「アフターコロナ」が意識付けされるということも考えられます。

これによって株式相場でも買われる動きが出てきており、ある意味前向きなマインドが市場全体に出てきています。

この数字を受けて雇用統計にも期待感が高まっています。ポイントとしては期待が高まりすぎての失望売りにつながらないかという点です。

雇用統計も強い数字が出ると、コロナ以降強い不安心理にさいなまれていた市場全体の雰囲気が一気に強気マインドになることも考えられます。

またこの影響はアメリカだけにとどまらず、ヨーロッパやオセアニアにも普及することも考えられるため、そういった意味でも他通貨のポジションを意識することも重要かもしれません。

まとめ

アメリカの経済が上向いてくるとアメリカの課題としては、対中国問題が一番の課題となってきそうです。

トランプ大統領が強い大統領をアピールすればするほど、経済に対して悪影響が出ることも考えられます。

ただ実際に経済に影響するほどのことは実施しないという読みもあり、雇用統計次第では非常に強いトレンドが形成されそうです。

他通貨でも潮目となることも十分あり得ることですので、ポジションの調整が必要になってくるかもしれません。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!