ファンダメンタルズ

菅総理大臣辞任の意向

日本では新型コロナウイルスの対応に追われていますが、政治面での動きがありました。

それは菅総理大臣の辞任表明です。

自民党は総裁選挙を控えており、有力政治家の動きが顕著になっていました。

内閣支持率が低下する中、菅総理の動向は注目されるところではあったのですが、次回の総裁選挙には出馬しないことを表明したのです。

これから日本の政治は大きな動きがありそうですが、今回は日本の政治にフォーカスしていきます。

新総理は経済対策を打つ?

菅総理が次回の総裁選挙に出馬しない意向を示し、新総理が誕生することが確定的となりました。

自民党総裁選挙の後には衆議院選挙を控えていることもあり政治の動きは大きくなりそうです。

菅総理の経済対策としてはかなりシビアな緊縮財政が特徴的でした。

市場としては新総理が誕生すれば経済対策に予算を使用するのではという期待感から、皮肉ですが日経平均も上昇しました。

日本の経済状態が悪いとなると金融政策でも金融緩和政策を続けざる得ない状況になります。

そうなればアメリカなどの主要国が金融正常化へ向かう中、立ち遅れることになります。

その結果金利差が拡大すれば、「円売りドル買い」など「円売り」のトレンドが発生しやすい環境になります。

現状では新型コロナウイルス感染拡大の影響がすぐに収まるとは思えない状況が続いており、日本の金融政策の立ち遅れは現実的なシナリオとして可能性は高いのかもしれません。

まとめ

日本の政治は安倍政権以降、安定した政権運営が続いていました。

それが日本の魅力でもありましたが、それが崩壊しつつあります。現在の状況は、民主党政権が誕生する前の自民党の状況に似ている側面も見受けられ、民主党政権と言えば為替の世界では強烈な円高が印象的でした。

政権が変わるという事はそういった事態も考えられるということでもあります。

トレーダーとしては日本の政治動向に非常に注目しなければならない状況だと思います。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!