ファンダメンタルズ

東京は緊急事態宣言再検討・・・

世界的にはアフターコロナの動きが見える中で、日本はいまだにコロナ禍を抜け出せていません。

東京オリンピックの開幕をまもなくとした状況においても新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

東京では緊急事態宣言がまた行われる可能性が高くなっています。今回は日本の通貨円にフォーカスしていきます。

コロナ禍から抜け出せない日本

日本の首都東京では、新型コロナウイルスの感染拡大が再び問題となってきています。

東京都の新規感染者数が7日、900人を超えたことなどから政府は緊急事態宣言の再発令の調整に入ったとされます。

期間としては東京オリンピック開催中も含む1カ月程度とする方針です。

日本はワクチン接種を行っていますが、それでも十分な状態とは言えず前回からの早期の発令となってしまいました。

経済に与える影響が心配される状況です。

特にサービス業を中心とするセクターの損害は甚大であり、日本経済全体への影響は避けられない状況です。

日本経済の経済指標が悪化する考えられる為替的な動きとすれば「円売り」です。

特にアメリカなどは金融正常化へ向けてのテーパリングの議論を始めており、政策金利の引き上げも視野に入っています。

もしも日本との金利差が広まれば、円を売ってドルを買うという動きになることは考えられるシナリオです。

ともかくコロナウイルスのコントロールが出来ていないことに関しては円のリスク要因であり、売り要素となると見るのが自然です。

東京を中心としてさらに感染拡大地域が広まれば更なる被害となることは明白です。

まとめ

日本政府は昨年開催予定だった東京オリンピックを新型コロナウイルスの感染拡大によって1年延期しましたが、延期した今年になっても新型コロナウイルスのコントロールに失敗している状況です。

このまま緊急事態宣言の地域が広域なるようだと政権転覆ということも考えられます。

トレーダーとしては単に経済状態の悪化だけでなく、日本の政治が不安定になるリスクも考慮してトレードするべきかもしれません。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!