FX

トルコリラとエルドアン大統領~前編~

新興国通貨として近年人気を集めるトルコリラです。

トルコは高い経済成長率を誇る発展途上国です。

地理的にもアジアとヨーロッパの境目にある国家であり、今後の発展ポテンシャルを秘める国として注目を集めています。

トルコのリーダーとしてはエルドアン大統領が有名です。

今回はエルドアン大統領とトルコリラについて解説していきます。

イスラム金融とトルコリラ

トルコはエルドアン大統領の権力が強い国として有名です。

トルコ自体はイスラム教徒が大多数を占める国ですが、エルドアン政権は、アヤソフィアのモスク化、女性のスカーフ着用解禁、イスラム教が本来禁じる飲酒の規制など社会のイスラム回帰を推し進めてきました。

金融の世界でもイスラム化が進められており、「イスラム金融」の概念が色濃くなっています。

イスラム金融という考え方では、お金を貸して利息を受け取ることが禁じられています。

この根底にはお金を動かすことで、利益を得ることは良くないという考え方です。

さらには企業が銀行からお金を借りて工場を建てたり、人々が住宅ローンを利用して家を買うということができないそうです。

ではどのように機能しているかと言えば、例えば企業が工場を建てるために融資を受けたいときは工場の建築費を銀行が直接負担します。

そうして工場が建設されるとその工場を企業に分割する形で売り払います。

銀行にとっては建築資金と売却代金の差額分が利益にとなるという形です。

このように非常に現代金融とはかけ離れたルールで成り立っているのがイスラム金融の特徴です。

イスラム回帰を進めるエルドアン大統領によって為替に関わる金融部門でもイスラム金融の考え方が取り入れられています。

「金利を取ることが悪いこと」という考え方があるため、金利を引き上げるのが難しい状況があるのです。

それでは金利を引き上げられないことの弊害を考えていきます。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!