ファンダメンタルズ

イギリスの利上げ問題

イギリスは前回のイングランド銀行の会合がトレーダーの利上げ期待を裏切る形の現状維持となり、市場の失望を買ってしまった形のイギリス情勢です。

ただイギリスに関しては利上げがやはり話題となっています。

今回はそんなイギリスにフォーカスしていきます。

話題の多いイギリス

イギリスは主要国の中でも早期に新型コロナウイルスワクチンの接種を進めた国で、ようやく雇用面でも経済データが上向いてきました。

10月雇用・物価データは強い結果となりました。雇用面では、10月の雇用者数は16万人増加しコロナパンデミック(大流行)前の2020年2月の水準を0.8%上回り、求人件数は117万件と過去最多となりました。

物価に関しては10月消費者物価指数(CPI)は前年比+4.2%と予想を上回り、10年ぶりの高い伸びとなりました。

このことから市場では12月利上げ論の声が強くなってきています。

ベイリーBOE総裁は11月利上げ見送りについて「個人的には非常にぎりぎりの判断だった」とし、10月の雇用データに注目する姿勢を示しています。

10月の雇用データが強かったことから、素直に考えれば利上げということになります。

ただ前回の会合前もベイリーBOE総裁の利上げに前向きなコメントが出ていましたが、会合では現状維持でした。

このことから発言やコメントの信用性が低下しています。

雇用や物価が強いデータだったこととは裏腹に波乱要素も秘めています。

例えばEUとの北アイルランド問題や新型コロナウイルスの感染拡大懸念などです。

総括するとポンドに関しては非常にデリケートな動きが予測される状況と言えそうです。

まとめ

イギリスに関してはやはり利上げが話題の中心ですが、イングランド銀行と市場のコミュニケーションの悪さが目立ちます。

早期利上げに慎重な姿勢を示すメンバーも少なくなく、利上げを来年2月まで遅らせる可能性も考えられます。

トレーダーとしては神経質なポンドの動きとして短期トレード目線で考える方に重きを置きたいところです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!