ファンダメンタルズ

コロナ規制撤廃 イギリス

直近でさまざまな動きが出てきているイギリスについてフォーカスしていきます。

イギリスではコロナワクチンの接種に積極的であり、コロナウイルス対策として導入されていたコロナ規制を撤廃するなど経済にとっては良いニュースが飛び込む一方では、暗い影も見えてきています。

今回はそんなイギリス経済とポンド相場について考察していきます。

コロナ規制撤廃はギャンブル?

イギリスは迅速なコロナワクチンの接種を行い先進国の中でトップクラスのワクチン接種率となっています。

それに伴い迅速な景気回復への期待が寄せられています。

ジョンソン政権は来週に行動制限の全面解除を計画していますが、これには慎重派と推進派の意見が分かれており、一部には「この選択はギャンブルだ」という声もあります。

その根拠としては感染力の強いデルタ株の存在です。金融面ではイングランド銀行は配当支払いに対する制限を解除しました。

しかし同時に発表した金融安定化レポートの中では、一部の資産価格は過大評価されている可能性を警告したほか、住宅市場とインフレ上昇がいかに急速に家計債務増加に繋がる懸念を見せました。

日本では考えにくいのですが、イギリスの住宅価格は上昇を続けています。

一般的な労働者層は、いわゆる普通の住宅を手に入れることが難しい状況になっており一種の社会問題化しています。

これにインフレが加わればさらにこの問題は表面化する可能性が高いです。

これらの要素はポンドにネガティブな影響を与えています。

ポンド円では激しい値動きが続いていますが、一気にポンドが売られる局面が目立ってきています。

まとめ

日本ではコロナウイルス対応を巡って、政権支持率が低下するなど厳しい状況が続いていますがワクチン接種率という意味でもイギリスは先行しています。

イギリスの動向が未来の日本の動向になる可能性も高く注目したいところです。

トレーダーとしてはポンドは「ポンドらしく激しい値動き」となっています。

これからもさまざまなニュースに敏感に反応することが考えられ、短期的なトレードには良い状態かもしれません。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!