ファンダメンタルズ

オーストラリアの雇用動向は?

オーストラリアでは大阪なおみ選手も出場する全豪オープンテニスが開催されています。

大会では厳しいコロナ対策が行われているように、オーストラリアではコロナ対策が経済に暗い影を落としています。

そんな中で注目されるのは雇用統計です。

近々発表されるオーストラリアの雇用統計と今後の見通しについて考察していきます。

豪準備銀行(RBA)も注目の雇用統計

オーストラリアの経済状態を考える上で雇用状態は非常に重要な項目です。

ただオーストラリアを取り巻く情勢としては良い環境とは言えません。

まずは新型コロナウイルスの感染拡大の影響です。

これは世界的なものであり、オーストラリア個別の問題ではありませんが影響は出ています。次に蜜月関係であった中国との軋轢です。

中国で豪州国籍の中国系アナウンサーが逮捕されるなど、豪中関係は悪化の一途を辿っています。

貿易面でも中国によるオーストラリア産大麦への追加関税をめぐり、オーストラリアが中国を世界貿易機関(WTO)に提訴するなど関係は冷え込んでいます。

この問題についてはどちらも譲歩する姿勢を見せず、解決の糸口は見えません。 オーストラリアの雇用統計は近々発表される見通しで、パートタイム雇用は増加しているが、フルタイムは景気回復の見通しが立たないことで採用に躊躇している経営者が多く経済回復の足かせとなっている模様です。

このような状況が続くとなれば、雇用統計は強い数字が出るとは考えにくいです。

オーストラリアドル円の相場としては若干円が売られる展開が続いていますが、雇用統計で思いのほか悪い数字が出るようならば、円が買われることも考えられそうです。

まとめ

オーストラリアは雇用問題が目下の課題となっており、RBA総裁が「失業率を低下させるため、あらゆる手段を講じている」と発言しています。

経済の成長のためには良好な雇用状態は必要不可欠であるため、注目が集まっています。

トレーダーとしてはオーストラリアドルの今後を占う意味合いも強く注目したいところです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!