FX

チャイナリスクで動く通貨~前編~

中国の存在感が際立つ世界情勢となってきています。

これまで世界の盟主に君臨してきたアメリカとも肩を並べ世界の2トップとなりえる国として成長してきています。

しかしここにきて中国への脅威を世界各国が意識するところとなってきました。

今回はそんなチャイナリスクに迫っていきます。

チャイナリスク

まずは中国という国がどういった国なのか紹介していきます。

中国は世界1の人口を誇る国で、国の体制としては「社会主義国家」です。

政治の体制としては中国共産党の1頭独裁で、中国共産党が国民を統治します。

使用している通貨は人民元です。1990年代後半から自由経済を部分的に取り入れ、爆発的な成長を見せています。

これは中国が持つ人口パワーが爆発したものとも言えます。

そんな中国に脅威を抱いているのがアメリカです。

アメリカは第2次世界大戦以降は世界の盟主として君臨していますがその地位が脅かされつつあります。

中国が自身が発行する通貨である人民元を使用する中国経済圏が拡大していることも要因の一つです。

トランプ政権時にはアメリカと中国は、「貿易戦争」とも言える状態に突入しました。
これはお互いに関税率を引き上げるというものでした。

アメリカはそれからトランプ大統領からバイデン大統領へと政権交代が発生しました。

比較的リベラルな民主党出身のバイデン大統領ですが、アメリカ国民の中国に対する視線は厳しく、アメリカ経済がコロナショックから立ち上がれば再びアメリカと中国の貿易戦争になる可能性も秘めています。

アメリカと中国の間での関係悪化のニュースが意識される場合、為替市場としてはリスクオフの心理が働きます。

そうなればまずは日本円が買われ、アメリカドルが売られ、そのほかの国の通貨がさらに売られるという展開になりやすいです。

日本円が買われることは意外かもしれませんが、摩擦の当事者の通貨は買いたくないという心理が働き、結果的に日本円に買いが集まるとされます。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!