FX

FXで使うストキャスティクスの基本

ストキャスティクスとは?その使い方とは?

FXトレードにおいて「ストキャスティクス」という指標を使うトレーダーも数多く存在します。

ストキャスティクスとは、テクニカルチャートのひとつで、トレンドがない相場で売られ過ぎ、買われ過ぎを判断する逆張りのテクニカルツールといえます。

ストキャスティックスの基本となるラインは「%K」「%D」と呼ばれています。

まずは「%K」は動きの速い「ファースト」と呼ばれ、一定期間における最高値から最安値までの範囲の中で、直近の終値がどの位置にあるかを見る指標です。

計算式としては、%K=(今日の終値-過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)となります。

次に「%D」は%Kを移動平均化し動きを平滑化した指標です。

期間は一般としては3日間で捉えられます。

計算式は%D=(n日間ストキャスティクスの分子のm日移動平均)/(n日間ストキャスティックスの分母のm日移動平均)一般的なサインとしては%Dが80%以上では買われ過ぎ、20%以下では売られ過ぎが示唆されていると言われています。

2本のストキャスティックスのライン(%Kと%D)のクロスを転換のサインとも言われています。

割高・割安を探る指標であるため、相場の反転を狙うというトレードスタイルとなってきます。

そのため短期的に転換点を狙って素早く利益を確定させるというトレードスタイルがストキャスティクスが合っていると思います。

為替相場は24時間動く相場環境でもあるため、小さなトレンドの転換を繰り返しているという性質があります。

よってその小さな反転を見つけることが重要です。

ストキャスティクスは短い時間軸での動きを探れるように移動平均の日を短く、あるいは時間で見ることで為替相場によりフィットした指標となっていきます。

「タイミング」を探るということに特化した指標ですので使い方には注意したいです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!