FX

FXの取引時間の違い

FX大きな特徴として株式市場などと異なり「24時間取引可能」という特徴があります。

しかしながら当然ですが、取引が活発な時間や逆に参戦トレーダーが少なく相場があまり動きを見せない時間帯なども存在します。

今回はFXの取引時間について解説していきます。

日本時間帯の特徴

FXの取引を時間帯で分けると3つの時間帯が存在します。

まずは、日本時間の8時~16時の「東京時間」です。

この時間帯は日本やアジア、オセアニア地域の参戦トレーダーが多い時間帯です。

傾向としては9時55分に各金融機関がその日に提示する基準レート(TTM)を決めるため、この時間に向けて取引が活発になるという事があります。

基準レート(TTM)というものは輸出輸入の基準となるレートになるため、実体経済として非常に重要です。

基本的には穏やかな値動きになることが多い時間帯でもあります。

ロンドン時間帯の特徴

次に日本時間の16時~翌2時(冬時間は17時~翌3時)は「ロンドン時間」と呼ばれます。

ロンドン市場が開き、ヨーロッパ勢が市場のメインプレイヤーとなります。

ヨーロッパ系通貨、ポンドやユーロなどの値動きが激しくなることが最大の特徴です。

またこの時間帯は経済指標が多く発表されるため、その結果次第では大きく相場が反応することも多々あります。

ニューヨーク時間帯の特徴

最後に日本時間の21時~翌6時(冬時間は22時~翌7時)は「ニューヨーク時間」と呼ばれます。22時30分にはアメリカ株式市場がオープンします。

世界で最も影響力があるアメリカ市場が開くため、アメリカドルの存在感が際立ち為替相場としても最も重要な時間帯とも言われています。

強力なトレンドが発生しやすく、重要なアメリカの経済指標が発表されることもありトレーダーは目を離せない時間帯になってきます。

そのため専業トレーダーの場合はニューヨーク時間を主戦場とするトレーダーも多いです。

まとめ

このように時間帯によってメインプレイヤーや主役通貨が変わってくるのがFXの面白いところとも言えます。

時間帯によって注目する通貨を切り替えていく事が重要です。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!