FX

FX確定申告は必要か?

FXを行う上で「確定申告は必要か?」という部分で悩む方も多いと思います。

今回はFXと確定申告という部分にフォーカスしていきます。

特にサラリーマンの方は確定申告そのものになじみが無いと思いますので、そういった方にも解かりやすく解説していきます。

FX確定申告は原則必要!

答えから言えば「FX確定申告は原則必要」です。

そもそも確定申告とは、1年間(前年の1月1日~12月31日)の所得を計上し、そこから経費に相当する金額などを差し引いて納めるべき所得税額を求め、すでに源泉徴収で差し引かれている納税額との過不足を精算する作業のことを意味しています。

つまりは、その年に収める税金を申告する作業となるわけです。

FXで得た収入は「雑所得」として扱われます。

FXで得た収入というものは為替差益とスワップポイントのことです。

FX取引にかかったコストは、必要経費として利益から差し引くことが可能です。

たとえば、取引にかかった売買手数料や入金時の振込手数料などが必要経費に該当し、相場分析や売買手法研究のために購入した新聞やネット上の有料情報、書籍代なども必要経費として認められることがあります。

確定申告をしなくても良い方も発生します。

これは「雑所得」が20万円以下の給与所得者の場合です。

このパターンの場合は確定申告が必要ありません。

しかしながら、FXで損失が出た場合も確定申告を行ったほうが有利です。

なぜならば「損益通算」を行うことが可能だからです。

損益通算とは雑所得内で、FXが利益を出していたとしてもそのほかの取引でマイナスが出ていた場合はそれを合算できるというシステムです。

そのため結果的には節税となるのです。

また損失の「繰越控除」を行うことも可能です。

損失を翌年に繰り越すことで、翌年の収益に対して損失を差し引いた額で申告が出来ます。

この場合も結果としては節税となるのです。税制をきっちりと把握しておくことも重要です。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!