ファンダメンタルズ

日銀総裁の国債買い入れ発言・・・その真意は?

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言も世界中で解除されてきています。その結果として経済再開へ向けて歩み始めたところです。

日本でも緊急事態宣言が全国的に解除されました。

まだまだコロナウイルスには警戒が必要ですが、ひとまずの安心感が広まってきています。

今後の注目としては経済状態を下支えするために政府としてどれだけの支援ができるかという点です。

緊急事態宣言が解除されたとしても、急に元通りにはなりませんしダメージは持続的に受け続ける為、楽観視は決してできません。

発言が続く黒田総裁

このところ日銀の黒田総裁の積極的な発言が続いています。

今回の「当面は長期・短期国債をさらに積極的に買い入れる方針」や「国債買い入れの上限は設けていない」といった発言のほかにも「新型コロナ収束後も物価目標の2%が実現しない限りは金融緩和を継続」「状況を注視し、できることは何でもやる」といった発言を積極的に行っています。

その真意としては日本経済を沈めるわけにはいかないという強い思いが感じられます。

これは投資家を失望させないための発言としては立派ですが、「もう切れるカードが少ない」というメッセージにも聞こえてきます。

今回の国債買い入れの件も日本政府の緊急補正予算のためという流れが強く、それほどサプライズや現状を打破できるだけのインパクトがある動きとは言えません。

これほど連日にわたってメッセージを発表するという事は、為替的には円の暴落だけは避けたい思惑が透けて見えます。

まとめ

このように日本政府として取れる動きが無くなってきている現状ですので、円が絡む為替としては日本円主導というよりは相手の通貨主導の動きとみて間違いない展開となっています。

ドル円でいえば完全にアメリカ主導でユーロ円であれば、EUやドイツの動きと言えます。

そのためアメリカやEUの動きに注視するというスタンスを取るべきだと思います。

とくにアメリカは対中国の動きを強めていますので、注目が必要です。

ただしひとまず日本におけるコロナウイルスの脅威が薄まったとみて短期的には円安の流れとなると思われますが、それほど強い材料ではないので長期的なトレンドとなるとは思わない方が賢明です。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!