ファンダメンタルズ

パウエル議長再任の決定

アメリカのFRBは世界の注目の中央銀行です。

アメリカは現在世界最高の経済力を誇る国であり、発行する通貨であるドルを統括するFRBはトレーダーにとっては動向をチェックしなければならない中央銀行です。

そんなFRBの次期議長をどうするのかという人事は注目を集めていました。

今回はFRB議長人事とこれからのドル相場にフォーカスしていきます。

結局パウエル議長の再任

パウエル議長は現在FRBの議長を務めていますが、自身の金融資産の取引が問題となり、次のFRB議長は交代するのではという見方も取りざたされていました。

しかし「バイデン大統領は次期米連邦準備理事会(FRB)議長にパウエル現議長を再指名する」とホワイトハウスが発表しました。

さらには次のFRB議長に・・・と言われていたブレイナード氏が副議長となる人事も合わせて発表しました。

FRB議長は基本的には2期連続で務めることが慣例となっていますが、それに倣った形です。

パウエル氏は非常に穏健な金融政策が特徴で、「いかにアメリカの景気にブレーキをかけずにテーパリングを行うか」ということを非常に意識している人物です。

そのため市場としてはこれまでの金融政策が継続される見通しが立ったことによって安心感からドル買いという反応を示しています。

パウエル氏が続投することによってこれまでの金融政策が見込まれ、少しずつテーパリングが進んで行くことが予想されています。

相場環境としてはドル円相場はこれまで通りドルがやや強い相場環境が続くとされそうです。

まとめ

アメリカの関心事としてはやはりテーパリングです。

パウエル議長は市場とのコミュニケーションを非常に重要視する傾向が見られ、丁寧過ぎるほどアナウンスを行っている印象です。

それだけに市場のショック的な動きというのは少ないということは挙げられそうです。

トレーダーとしては安心感からのリスクオン相場という形は予想されそうな状況となってきました。

一時的な要因ではありますが、このことはしっかり意識しておきたいです。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!