FX

損切り貧乏と塩漬け~後編~

損切り貧乏と塩漬け

不用意なポジションを取らないことも重要です。

不用意なポジションを取ってしまうパターンとしては「何となく利益が取れそう」という感覚的なものでトレードに参加してしまうパターンです。

その結果としてポジションを取っては損切りするということになってしまいます。

次に「塩漬け」についてです。

塩漬けという状態はトレードに参加後、自分の思惑と異なる方向に相場が動いてしまったときに、そのポジションをホールドし続けるというものです。

いつかは元に戻るであろうという希望的な観測を持って持ち続けてしまうという状態です。

確かに相場は上がったり下がったりするものなので、ポジションを取った価格まで戻る時があるかもしれません。

しかしその間、塩漬けしたポジションに投じた資金は次のトレードに参加できません。

そのため資金効率が悪くなってしまうという欠点があります。

そうならないために、塩漬けしない、勇気をもって損切りを行うことも重要です。

長期でホールドするということになったとしても、もともと長期保有するつもりであればそれは塩漬けとはなりません。

やはり重要になってくるのはトレードの計画や全体像です。塩漬けにして待った場合は、損切りすることをおススメしたいです。

損切りしてしまったほうがメンタル的にもよいと思います。

また1度塩漬けしてしまうとその癖がついてしまうこともよくありません。

まとめ

損切り貧乏と塩漬けについて解説してきましたが、どちらも初心者の方は良く陥りやすい症状です。

人間の心理であるため難しい部分はありますが、それでもそうならないように意識するべきです。

もっとも重要なことはトレードの全体像を描くことで、そうならなかった時には潔くあきらめて損切りするべきだと思います。

敗北を認めることもトレーダーとして成長するために必要なことだと思います。

すべてのトレードで勝ち続ける人なんていないのですから。


友だち追加

LINE登録者限定でBO勝率インジや
便利系インジ配布していきます。
またFXのインジも今後作成していく予定です。
LINE登録者には利益になるよう考えていきます!!